忍者ブログ
[662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654] [653] [652]

DATE : 2012/10/22 (Mon)
わがライオンズの今シーズンが終了してから・・・
ずいぶん時間がたち落ち着きを取り戻し始めた今日この頃。

みなさんはいかがお過ごしですか?

はぁ~今シーズンは短かったというか、早々に終了してしまいましたね。

気付いてはいたものの文字として目撃してしまうと
ショッキングなことって人生には多いもの。

そんなトピックスを目にしてしまいました。

覚悟が出来た方は続きをどうぞ


ソフトバンク3連敗は必然だった?! 
プレーオフ導入以来勝てたのは西武だけ

夕刊フジ 10月20日(土)16時56分配信

昨季、7度目の正直でCSを勝ち抜き、最終的に日本一に上りつめたソフトバンク。「ポストシーズン恐怖症」は払拭したかに見えたが…実は、恐るべき“負の法則”が生き残っていた。

 壮絶な幕切れだった。先発したエース摂津正投手(30)は右足首をひねり1回途中降板。4回には二塁手の本多も邪飛を追ってフェンスに激突し担架で退場した。最後は今季限りで引退の小久保裕紀内野手(41)が遊飛に倒れ、万事休した。

 よもやの3連敗。だがジンクスに従えば、敗退は必然だったのかもしれない。2004年のプレーオフ導入以来、前身のダイエーを含めソフトバンクはのべ10カードを戦ったが、勝ち進んだのは3度だけで、くしくも相手はすべて西武。つまりポストシーズンでは、西武以外の相手に勝てたためしがないのだ。

 さらに興味深い法則がある。これまで日本ハムはポストシーズンでのべ8カードを戦ったが、西武と対戦した3カードはいずれも敗れた。しかも敗退はこの3度だけで、他球団との対戦はすべて勝ち抜け。まさに西武だけが天敵なのだ。

 不思議な三すくみ。日本ハムにとっては、勝ち上がってきたのが西武でなくて本当によかった!?

この記事を読んだ3チームのファンはどう思ったことやら。
夕刊フジめ、やってくれたな!

拍手[2回]

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
バーコード
相互リンク

「ん」 (んぐーすさん)
Marchの雑記帳的な^O^(まーちさん)
目指せ!借金返済&貯蓄(ニクニクさん)
帝国の番犬(我孫子いし丸さん)
↓ 私の別ブログです ↓
30代人生九十九折
Take a look!!
※ 相互リンク募集中 ※
ご希望の方は非公開コメントでお伝え下さい
(訪問させていただき、当方が納得できるようなら成立です)
無料アクセスUPツール
  • seo


カウンター
アクセス解析